帆船模型 Model Ship Builder

[お問合せ]


樽廻船(弁才船)

樽廻船(弁才船)

樽廻船(たるかいせん)は、江戸時代、菱垣廻船(ひがきかいせん)、北前船(きたまえぶね)とならぶ日本の代表的な商船。

樽廻船は、主に上方(大阪)から江戸(東京)へ酒を輸送するために用いられたが、播州(岡山)より原材料である大豆を仕入れ、出来上がった「下り醤油」を銚子に運ぶのにも用いられた。

和歌山県湯浅町の(株)角長より「醤油のふるさと 醤油資料館」に展示するために、製作を受注しました。

この帆船模型は以下に掲載されました。
 ・「ニューワイド学習百科事典(平成14年3月)学研」




【製作風景(Making)】



Scale 1 : 35
L 900 mm
H 800 mm

製作期間 1999.10.23 〜 2000.2.20(about 600hour)
展示場所 和歌山県湯浅町 (株)角長
醤油のふるさと 醤油資料館


帆柱の先の蝉 帆に黒く染められた模様は「千両箱」の意味を持つ
帆柱の先の蝉
 帆に黒く染められた模様は「千両箱」の意味を持つ
和船の特徴である ちり や 舵
和船の特徴である ちり や 舵
水押(みおし)・五尺・四爪碇(よつめいかり) 船首
船首
 水押(みおし)・五尺・四爪碇(よつめいかり)が見える
合羽(かっは)・五尺・碇 手縄や身縄
船体前半部 合羽(かっは)・五尺・碇が見える 船体後半部 手縄や身縄があつまる
踏立板に積まれた醤油樽や伝馬込 とも垣立(かきたつ) (屋形の側面のかこい)
踏立板に積まれた醤油樽や伝馬込 とも垣立(かきたつ) (屋形の側面のかこい)



帆船模型 Model Ship Builder