帆船模型 Model Ship Builder

[お問合せ]


朱印船


豊臣秀吉が天下を統一していた時代から続いていた東南アジアにおける貿易を徳川家康は江戸時代になってからも継続した。
家康は、貿易を統制し、利益を独占するため、外国と貿易する大名や豪商に日本船の渡航を許すという証書(朱印状)を与えて収入の一部を幕府に納めさせた。
東南アジアの国々には朱印状を持つ船(朱印船)の安全を保証するよう求めた。
1635年、3代将軍 徳川家光が鎖国のために朱印船貿易を停止するまで350隻以上の朱印船が海外に渡航した。

 三重県総合博物館に所蔵する模型の索取(リギング)をお手伝いしました。







帆船模型 Model Ship Builder