帆船模型 Model Ship Builder

[お問合せ]


レゾリューション(HMS Resolution)

レゾリューション(H.M.S.Resolution) 帆船模型

 18世紀初期英国海軍のスループ(カッター)。
 1本マストにピークとブームに張られた大きなスパンカー、ジブ、フライングジブと1枚あるいはそれ以上の四角の帆に特徴がある。
 船尾が大きく切り上り喫水線が深く流線形で海上を快速で航行し、しかも狭い水路や荒天時の海でも操船可能であった。
 それゆえ、海軍では各艦の連絡やパトロール用に使用された。
 18世紀より19世紀にかけて英国海軍ではコーストガード用に武装カッターとして使用した。同じ様に密輸入業者も使用した。
 カッターのリギンはナポレオン戦争の頃フランス海軍により開発され、イタリー沿岸の船にも影響を与えた。

 2003年11月、個人からの依頼で、製作することになりました。
 この帆船模型は、COREL社のキットをベースにしています。



Scale 1 : 72
L 78 cm
W 28 cm
H 70 cm


製作時間 370 hour
東京都新宿区に出航中


ウエルは黒檀、その上はツゲと黒のソメ木。
ウエルより下はウォルナットで木地仕上げとし、亜麻仁油でオイル仕上げとした。
アンカーはキットをベースにアップグレードした。
ラダーのヒンジは真鍮で自作した。 船尾の窓はキットの金具を使用せず、自作した。
ギャレーの煙突は金属製とした。 シュラウドチェーンは自作した。
ウインドラスは自作した。 カッターの特徴である長いブームとフラットな甲板
− ポンプの作り方 −
  1. 細い角材を4本張り合わせ、外側を丸く削る。
  2. 中心に穴をあけ、木のパイプを作る。
  3. 真鍮板でバンドを巻く。
  4. ハンドルの受け軸をつけ、木でハンドルを作る。
  5. ピストンの軸を真鍮の丸線でアイボルト上に曲げ、ハンドルの先につける。
キャビンのドアは開閉可能とした。
二基のポンプは船底まで達するようにした。
ハイアングルから撮影 チャンネルからのローアングルから撮影
船体中央部 昇降ステップ
右は6ポンド砲、左はスィーベルガン



帆船模型 Model Ship Builder